飲みにケーションは相手の人間性を知るチャンスですが、金銭的な出費というデメリットはあります。

MENU

飲みにケーション

 

飲み会

飲みにケーションと言われたのは最近ですが、これは昔からある手段です。
仕事場では心身共に引き締めている人でも、お酒が入れば心を解放してくれます。普段は聞けない本音が出ることもあるでしょう。

 

仕事場だけでなく飲み会でコミュニケーションするのは信頼関係を作る意味でも重要です。

 

飲みにケーションのメリット

飲みにケーションのメリットとしては、やはり信頼関係を作ることでしょう。
仕事場ではきつい口調で怒っている上司でも、本当は部下の将来を考えてのことかもしれません。
このような気持ちを知るチャンスが飲みにケーションにはあるのです。
職場では話せない趣味の話などもできるので、意外な一面を知ることも出来るはずです。
相手の情報を知れば知るほど親しみが湧き、心の距離が近くなります。
心の距離が近くなれば職場での業務効率も上がるかもしれません。

 

また、一緒に飲んだり食べたりする行為は、何十回会議を行うよりも遥かに親しくなれるという研究があります。
仕事ではやはり心に壁を作っており、本当の意味で信頼関係があるとは言えないのです。
しかし、飲みにケーションを行えばそれが解消され、強い信頼関係が生まれるでしょう。

 

他にも出世に影響する場合もあります。

もし仮に、まったく同じ評価の社員が2人居た際に、
■一方は飲みにケーションで良く知っている
■一方は飲みにケーションに出席しないので人間性が分からない
この場合どちらの出世を希望するかと言うと、絶対に飲みにケーションに参加している人でしょう。

 

このように複数のメリットがある飲みにケーションですが、デメリットもあるので覚えておいてください。

 

 

飲みにケーションのデメリット

まずはお金が掛かるという点です。
気前よくおごってくれる上司も居ますが、割り勘だった場合はそこそこの出費になります。
金銭的につらい場合は飲みにケーションが負担になってしまうでしょう。

 

また、恋人や家族との時間が潰されてしまう可能性があります。
予定が合わなかった場合は断る勇気も持つようにすると良いです。

 

人生を円滑にするには、飲みにケーションは積極的に行っておく方がプラスになります。
しかし、金銭的に困窮している時は無理に参加する必要はありません。

 

バランスを考えて参加するのがポイントです。