男性の友達付き合いには目的があり女性には人間関係を良好にする意味があります。

MENU

男女で違う友達付き合い

 

人生において友達と過ごす時間は多くなるでしょう。
遊びや悩み相談など様々な理由で時間を共有するはずです。

 

この友達付き合いには男女で少し差があります。
これは男女の脳の違いから起こるものなのです。

 

 

まず男性は友達付き合いに目的を持っています。

男友達
・趣味を共有する
・愚痴を言う
・ストレス発散する
などです。

 

そのため男性はそれぞれの目的に適した友人が存在しているのです。
つまり、人生の中のどこかで友達の人数は固定されて行くと言えるでしょう。
老後になっても友達は出来ますが、それは同時に友達が1人減る可能性を秘めています。
男性は多くの友人と群れるのを好まない傾向があるので、このような現象が起こるのです。

 

 

逆に女性は友達付き合いに目的を持っていません。

女友達
一緒に居て話をするだけで満足できるのです。
特に深い理由が無くても日々の雑談をするだけでもストレス発散になっています。
これは人間関係を良好に保とうとする女性の本能です。

 

そのため、人数も男性の2倍から3倍ぐらいの友人を持っており、交友関係も広いようです。
しかし、本音で愚痴を言い合えるような友達は数人しかいないという結果もあります。
また、誰にも本音は喋れないと言う人も少なくありません。

 

これに対して男性は、友達のほとんどに本音を明かせると言っています。
男性と女性には友達付き合いにこのような違いが表れているのです。

 

人生においては本音を話せる友達はとても貴重な存在です。
1人でもそのような存在が居るだけで日常のつらさがすごく軽くなります。
女性の人は1人でも良いので本音を話せる友達を作っておくと人生が充実していくでしょう。

 

 

男女共に、友人の数は1人から5人と回答する人が多いようです。

なにも友達を100人作る必要は無いので、無理して行動することは止めましょう。

 

また、本音を話せるからと言って、何をしても良いことにはなりません。
親しき中にも礼儀あり
この言葉を忘れずに友達付き合いをするようにしてください。

 

人生は長いです。
退屈な時間を少なくして、楽しい時間へ変わるように友達付き合いを大切にしましょう。