話の聞き上手は人に好感を持たれやすいです。他にも相手を不快にしない配慮を持つようにしましょう。

MENU

好感を持たれる言動

 

人生を円滑に生きるには、好感を持たれることが良い結果をもたらすとされています。
では、どのような言動を行うと好感を持たれるのか見てみましょう。

 

 

まずは何よりも笑顔が大切です。

ですが、不自然に爆笑していれば良い訳ではありません。
必要なのは会話中の微笑が重要になるのです。
大声で笑うのではなく、微笑というのが好感をもたれます。
なぜなら、微笑は相手に寄り添う効果があるからです。
会話中に微笑を見せるのは相手の気持ちに近づいている証なので、心の距離はかなり縮まるでしょう。

 

 

他にも会話中に時々うなずくのが効果的です。

相手の話を聞いている意思を示すことになり、やはり好感を持ってもらいやすくなります。
つまらなそうに聞いたり、無関心に聞いたりするのは良くありません。
好感を持ってもらいたいなら、まずは自分自身が相手に好感を示さなければならないのです。

 

また、ついつい人は自分の話を積極的にしてしまいがちになります。

ですが、好感を持たれる人を良く観察してみましょう。
要所要所で相手の話に耳を傾ける、聞き上手ではないでしょうか?

 

話を聞くのは誰でも出来ますが、相手の話を上手に聞くことができる人は多くありません。
上手に話を聞くには会話中の微笑や時折うなずく動作が良いでしょう。

 

 

乱暴な言動も慎むように注意してください。

怒りっぽい人には、心の中で無意識に防衛本能が働き距離を置いてしまいがちです。
嫌味を言ったり毒舌だったりする場合も注意が必要です。
相手に不快感を与える言動がプラスになることは稀でしょう。
このような言動が習慣化していると好感を持たれるどころか、周囲から孤立しかねません。

  • イライラしてもそれを表に出さないようにする
  • 行く行くはイライラする感情を持たないようにする

ことが大切です。

 

普段から心を安らかにしていれば自然と好感を持たれる言動ができるようになるでしょう。
簡単にできるものではありませんが、まずはストレス発散の方法を見つけてみてください。
良いストレス発散方法があれば心は平穏に保っていけます。